先生紹介

Teachers

雙葉は1学年の人数が少ないので、生徒一人ひとりと先生の関係が親密です。
雙葉のいいところは?
雙葉や生徒たちへの想いを聞いてみました。

先生紹介

先生からのアドバイス

  • 角田一徳先生

    理科
    角田 一徳 先生

    理科は暗記するのではなく、本質を理解して習得していくことが大切です。授業ではできる限り、生徒一人ひとりの“良いところ”を引き出し、伸ばしていけるよう心がけています。実験や観察などのカリキュラムも豊富に取り入れていますので、とにかく楽しく、一緒に学んでい きましょう!

  • 大庭真佐子先生

    英語科
    大庭 真佐子 先生

    雙葉学園には外国人の先生はもちろん、帰国子女や留学生も多く、英語を学ぶ環境が充実しています。これからの時代は、単語力や文法力などの基礎知識だけでなく、プレゼンテーションスキルなどの実践力が求められています。さまざまな環境から集まった仲間たちと共に学び合うことで、そのベースを養いましょう。

  • 有村奈津希先生

    社会科
    有村 奈津希 先生

    「世界の歴史には、魅力的な人物が多く登場し、また興味深い出来事もたくさんあります。単に教科書を丸暗記するのではなく、歴史の背景も含めて学んでいくと、私たちが生きる今の世界を、違う角度からみられるかも...? 世界史が苦手な人でも、もっともっと楽しくなると思いますよ!

  • 都留彩香先生

    国語科
    都留 彩香 先生

    英語を学ぶ環境が充実しています。授業ではICTを活用して基礎から応用までしっかり学ぶことができ、また国際交流や留学制度などの手厚いサポートもあります。これからの時代は、単語力や文法力などの基礎知識だけでなく、実体験などから得られる実践力も大切。国際的な視野をもって、学びを深めていきましょう。

  • 平有希先生

    保健体育科
    平 有希 先生

    全力で体を動かす!好き嫌いではなく何でもやってみる事や楽しむ事を大切にしています。その中でもダンスの授業では 創作ダンスやリズムダンスなど、全身を使って踊ること、表現することを学んでいます。学んだ事を生かすフィールドとしても雙葉学園では世界に視野を広げることができる環境が整っており、多くの生徒が様々な分野に挑戦し、活躍しています。積極的に活動することで大きく成長し、恵まれた環境で力を発揮しましょう。

  • 岡田昌恵先生

    数学科
    岡田 昌恵 先生

    苦手意識をもちやすい教科ですが、置いてけぼりを作らないで、“みんなで理解すること”をモットーにしています。雙葉の生徒たちは向上心が高く、お互いの得手不得手も認め合える関係を築いています。失敗を恐れないで、前向きな気持ちで一緒に頑張りましょう!

様々なお悩みにお答えします!

英語は好きなのですが、高校に入ったら難しくなるのではないかと心配です。
また国際交流に興味はあるけれど、積極的に活動できるか自信がないのですが、やっていけますか?
授業は生徒と教師で創るものですから、無理に難しいことを進めていくことはありませんので安心してください。もちろん外国人の先生方も、生徒の様子を見ながらスピードを変え、内容を調整して進めてくださっていますよ。初めは、外国人と話すのは緊張すると思いますが、留学生や帰国生と授業やクラブ活動で一緒に時間 を過ごすなかで、だんだんと意識が変わっていく自分に気付いていくはずです。雙葉の英語で大切にしていることは、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能。また、それを評価する英語検定やTOEFL等の資格試験へのチャレンジです。大学入試でもこれら 4技能を評価する時代に変わっています。バックアップ体制のとれた幾葉で英語力を伸ばし、思う存分に国際交流を楽しんでもらいたいと思っています。
習い事があるので、勉強と両立できるか、不安です.....。
雙葉学園では、“個”を尊重する考え方から、習い事や部活動に制限がないため、生徒たちは各自それぞれに励んでいます。部活動も自由ですが、8割以上の生徒が所属し、運動部や吹奏楽部は毎日、文化部は主に週1回の活動を行っています。勉強との両立は常に課題ですが、予定を手帳で管理し、先生のサポートのもと、上手に自身の生活を確立しています。この練習が将来に役立つと考えています。
女子校って、どんな雰囲気ですか?
活発な生徒も大人しい生徒もおりますが、居心地よく伸び伸びと過ごしているようです。女子校の最大の魅力は、同性だからこそ自分のありのままを出せたり、悩みを共感できたり、互いの本当の姿を認めあえたりできること。多感な時期で、人間関係に悩むこともありますが、教員やご家族の温かいサポートや自身の成長で、仲間との心のつながりを深め、卒業後もいい関係を築いています。
通学に時間がかかることが、心配です。
朝礼は8:40ですが、余裕をもって8:25には学校に着くように指導しています。帰りは16:15下校で、部活動などで残る生徒も18:30には門を出る決まりです。慣れるまでは大変かもしれませんが、バスや電車を利用する生徒は多く、友達と楽しく通学しているようです。福岡市だけでなく、久留米以南や糟屋・古賀方面からもたくさんの生徒が通っています。
食堂はありますか?
食堂はありませんが、お弁当やおにぎり、種類豊富な美味しいパンを販売する売店やジュースやアイスクリームの自販機を備え、誰もが気軽に集まることができるカフェテリアがあります。昼休みや放課後は生徒でにぎわっています。
中高一貫の生徒と仲良く生活できますか?
安心してください。4月の宿泊研修会をきっかけに、あっという間に仲良しになります。部活や通学をきっかけにお互い、友達の輪が広がっています。中高一貫生も新しい出会いを待ち望んでいますよ。
ページの先頭へ戻る