先輩たちの声

Messages from Futaba Graduates

夢を叶えた先輩たち。

  • 新原 妙子

    医師

    福岡雙葉学園で身についた習慣がいまでも役に立っています。

    九州大学病院 医師

    新原 妙子

    平成17年度卒業

    浜の町病院勤務を経て、現在私は麻酔科医として九州大学病院で働いています。麻酔科では手術時の麻酔の他に、緩和医療や救急にも携わっています。日々の仕事の中でやりがいを感じるのは、救急車で運ばれて来た患者さんが、笑顔で歩いて退院されていくときで、今までの努力が報われたように思えます。今でも勉強しなければならない知識・手技が数多くありますが、雙葉で予習・復習の習慣 が身につき、鍛えられてよかったと思います。

  • 岩本 京子

    放送局ディレクター

    社会人になるための土台を築くことができました。

    RKB毎日放送(株)スポーツ部

    岩本 京子

    平成20年度卒業

    スポーツ部のディレクターとして、ニュースのスポーツコーナーなどを作っています。野球やサッカーなど幅広く取材し、原稿を書き、編集・放送まで立ち合う仕事です。現職に就いたのは、在学中にテレビ局見学に行ったことがきっかけでした。雙葉は授業だけでなく、 企業見学や施設訪問、奉仕活動など社会を覗ける機会がたくさんあります。ナマで見たこと、感じたことが、現在の仕事にも活きていることを実感しています。

  • 福田 典子

    アナウンサー

    在学中に学んだ英語力が現場でも役立っています。

    (株)テレビ東京 アナウンス部

    福田 典子

    平成20年度卒業

    「モヤモヤさまぁ~ず2」や「追跡LIVE!SPORTSウォッチャー」など、バラエティ番組やスポーツ番組のMCやナレーションをしています。原稿を読むだけでなく、取材なども行うのですが、スポーツの現 場で、留学経験のない私が外国人選手とフランクに挨拶を交わせるのは、やはり雙葉で身についた英語力のおかげです。雙葉の英語の授業は質が高く、量も多いので、苦手な方でもきちんと学べ ば、英会話を楽しめるレベルに近づけると思います。

  • 神﨑 志保

    空港グランドスタッフ

    在学中に培ったコミュニケーション能力を活かし充実した毎日を送っています。

    (株)JALスカイ九州

    神﨑 志保

    平成15年度卒業

    福岡空港の国際線で旅客サービス業務を行っています。国際線のため、日によっては日本人のお客さまより外国籍のお客さまと接する ことのほうが多い日もありますが、その際、雙葉で培った柔軟なコミュニケーション能力が役立っています。私がこの仕事を志したのは高校1年の夏、海外へホームステイをしたことがきっかけです。進路を決める際も先生方に親身に相談にのっていただきました。卒業して月日が経ち、社会人になった今でも学園生活を過ごした友人との結 びつきは強く、雙葉に通えて良かったと心から思っています。

  • 江藤 朋子

    医師

    活動で培った信頼関係やチャレンジし続ける気持ちがちの仕事にも生かされています。

    大牟田市立病院 医師

    江藤 朋子

    平成10年度卒業

    現在は脳神経外科医として、勤務しています。現場では体力だけでなく、チーム医療として患者さんやご家族、病院スタッフと常日頃よりコミュニケーションを取り合わなければ良い治療がで きません。その為にはお互いを信頼し合える人間関係が必要です。その根本を学んだのも、剣道部の部活動で学んだ「チーム一体となって、辛くても逃げることなく続けること」でした。学校生活は勉強だけが全てではなく、部活動や友人と過ごす時間で得ることもたくさんあります。雙葉学園で学んだチャレンジし続ける気持ちは、今も仕事に生かされていると実感しています。

  • 武田 伊央

    アナウンサー

    学園支流で身に付けた「挨拶」が今の私の原点です。

    RKB毎日放送(株)アナウンス部

    武田 伊央

    平成23年度卒業

    福岡のRKB毎日放送で、アナウンサーとして働いています。テレビとラジオの兼営局ということもあり、仕事内容は多岐にわたります。その中でも学園生活で学び、今でも役立っている事は陸上競技部で取り組んだ練 習以上に「挨拶」です。「できて当たり前のことができない人が、競技というもっと難しいことで大成できるのか...」顧問の先生から問いかけられた言葉は卒業した今でも、常に自分に問いかけます。そんな雙葉学園での生活は、今の私の原点でもあります。後輩の皆さんには、学園で学べることに誇りを持ち、かけがえのない青春時代を送っていただきたいです。

  • 武田 奈々

    秘書

    「なにごともやってみなければ分からない」「常に恐れずチャレンジをし続けること」をモットーに。

    コカ・コーラボトラーズジャパン(株)社長秘書

    武田 奈々

    平成20年度卒業

    コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社で秘書業務として、スケジュール管理や各種手配、原稿の作成や行事の運営等を行っています。仕事をするうえで、雙葉学園でご指導いただいた礼儀作法はとても活かされています。また、中高で打ち込んだ陸上競技を通して得た「なにごともやってみなければ分からない」「常にチャレンジをし続ける」というマインドが私の行動の原点になっています。中高一貫校だからこそ、自分のことを理 解してくれる友達と、成長を見守ってくださる先生のもと、自分らしく前向きな学園生活を過ごすことができました。

ページの先頭へ戻る